ハンバーガーのデリバリーに関して

ハンバーガーチェーン店のフードデリバリーサービス毎の比較まとめ3選

フードデリバリーでハンバーガーを注文しようと思うけど、フードデリバリーサービス毎で、どう違うのだろうか???

こんな疑問にお応えできる様に、週2回以上注文し、出前館ゴット会員のハンバーガーチェーン店を頼み尽くした私が違いを纏めていきます。

ハンバーガーチェーン店毎のフードデリバリー比較【利用可能なサービスについて】

2022年2月時点での利用可能サービス一覧

【注意】
利用可能なサービスでも、店舗によっては利用出来ない所がありますので、注文したい場所でそれぞれのサービスを開いて、探してみてください。
※そもそもサービスに登録してない店舗もありますが、一時的に店舗が忙しくて休止している事もあります。

利用可能店舗を調査するオススメの方法

店舗登録数の1位、2位のサービス「Uber eats」と「出前館」を見たら殆どのハンバーガーブランドを網羅出来ます。その為、この2サービスでのオススメを紹介いたします。
「カテゴリー一覧を利用する事」と「検索窓」を使う事です。検索窓は未だ精度が低いですが、お店が大量にある場所では、試してみると活躍する場合があります。

  • Uber eats:探す⇒「アメリカ料理」
  • 出前:ジャンル⇒「ファーストフード」or「バーガー」
Uber etasと出前館のカテゴリー一覧

この2サービスはwebサイトもあるので、google検索を活用する事も効果的です。「マクドナルド ○○店 出前館」とかで調べると配達できるかどうか、一発で調べられます。

デリバリー仕様について

配達に関して、「①ドライバーに委託する配達」と「②お店のスタッフが行う配達」で分かれます。
マクドナルド、モスバーガー、フレッシュネスバーガーは、①、②両方で対応しています。それ以外のチェーン店は①のみです。(※最近よく見かける↓コレは、大抵①にあたります。②はピザ屋のバイクをイメージして貰えれば良いです。)

マクドナルドはフードデリバリーサービスに掲載しているお店は、「①ドライバーに委託する配達」だけで、自社サービスのマックデリバリーでは、「②お店のスタッフが行う配達」だけになります。

モスバーガーは、出前館だけ①と②両方あり、店舗によって異なります。だから、出前館に掲載されているお店によっては、価格や受けられる特典が異なる場合があります。
自社サービスのモスのネット注文は、②だけになります。

フレッシュネスバーガーも出前館だけ①と②両方あります。

「②お店のスタッフが行う配達」だと、フードデリバリーサービスの柵から逃れて、配達料や配達エリア、特典などを独自で設定出来る点がメリットになります。なので、マックデリバリーモスのネット注文からの注文については、配送料などが独自で設計されています。

さらに、以下の様に独自でキャンペーンを実施したりもしているので、自社サイトもチェックしておくと、更にお得に利用できます。

マックデリバリーがやっているキャンペーン例

ハンバーガーチェーン店毎のフードデリバリー比較【価格について】

商品価格

基本、どのハンバーガーチェーン店もフードデリバリーサービス毎に商品の価格差は無いです。
※モスバーガーが唯一2パターンあります。これは上記での解説の通りデリバリー仕様(配達形態)の違いによる部分です。

只、バーガーキングだけは、↓この様にキャンペーンで特定のフードデリバリーサービス限定の商品を出しています。
「menu:2020年11月-12月にかけて、“バンズなし”の究極バーガー『エクストリーム超ワンパウンドビーフバーガー』を限定販売

配達手数料

配達手数料はハンバーガーを注文する時に限らず、それぞれのサービス毎の配送手数料次第で注文金額が変わってきます。

各サービス毎の手数料の比較

各サービスは、配送手数料無料キャンペーンを頻繁にやっているので、キャンペーン情報をチェックしておいてお得に注文しましょう。
お腹が空いている時に調べることはしたくないと思うので、日ごろから情報を取る事をオススメします。キャンペーンが何もない時はwoltが近くにあれば、一番安く(※配送手数料¥99)注文出来ますね。

※デリバリー仕様でご説明の通り、出前館に登録されているモスバーガーとフレッシュネスバーガーは、独自の配送料を設定している場合があります。

※自社サイトを展開しているサービスでは以下の通りです。
マックデリバリー:一律¥300、モスネット注文:300円-400円(※送料割引なし)

フードデリバリー毎の情報収集方法は以下記事をご参考ください。

ハンバーガーチェーン店毎のフードデリバリー比較【使ってみた感想】

完全に私の主観的な感想になります。それぞれのデリバリーサービス毎のレビューもチェックして判断して貰えると良いと思います。

ハンバーガー業界の売上ランキングで1位~6位の順番で紹介していきます。

マクドナルド

基本、配達員がお店周辺に集まっているので、どのサービスでもお届け迄の時間が早いです。

配達が早いから、
店内品質を抜群の再現性でお届けしてくます。熱々のカリカリポテトが楽しめて、ハンバーガーも全くしぼんでいないので、店内で食べる事と何ら変わらない味が楽しめます。

モスバーガー

ソースに粘度を持たせる等の改良を加えてテイクアウト、デリバリー対応にしている様で、多少遠くのお店から注文して時間がかかっても熱々で食べられるし、品質も劣化しない点が好印象。
ライスバーガーは特に、特殊な厚紙の保温剤が使われている様で、2km先の店舗約15分の配達時間でも熱々で届きました。

モスバーガーは、配達を「お店で行う」か「委託するか」で、商品価格が変わってくるし、受けられる特典も変わってきます。だから、自分の近くのモスバーガーは全て調べておいて比較すべき。これは、twitterとかで情報収集とかで無く、直接フードデリバリーサイトを訪れないと分からない事です。
※詳細は↓こちらから。

ロッテリア

絶品チーズバーガーは、時間が経っても絶品でした。
ロッテリア人気を支えるのは、やはり絶品シリーズでしょう。
一つ懸念なのは、バンズがフワフワな故に今回15分程度の運び時間でしたが、もっと増えた場合にシワシワになってしまい、美味しさがどうなってしまうのか、良い所が裏目に出てしまう危険性があります。

デリバリーに力を入れている様子があり、「デリバリー限定メニュー」や「期間限定の値下げや半額キャンペーン」を実施してます。デリバリーで注文する時って、ドリンクは注文せずにコンビニで買ったりした方が割安だから、デリバリー限定でドリンクセットで無くポテカラセットがある事は非常に嬉しいですね。

ファーストキッチン

雨の日の注文で更に、2駅隣から来てもらったので、バーガーとポテトがシナシナでした。しかし、それは覚悟の上でしたので、気になりませんでしたが、チキンが焦げていた+盛り付けが写真と違い過ぎて残念でした。

評判とか見ていても、店舗ガチャ感が強い気がします。
フードデリバリーサービスでの違いは大きくないと思いますが、店舗毎で品質に差がありそうです。私のお届けエリアでは、リピートしたくない感じです。

フレッシュネスバーガー

どこのブランドよりも早くデリバリーを開始しているので、当然の如く熱々で食べられます。
ナゲットも国産だし、バンズも拘って、カボチャを練りこんでいるし、野菜もフレッシュな国産の物を使っている様なので、身体にやさしい味です。
只、商品単価が高いので、セットを頼むよりも単品で固めて、サイドメニューとか、ドリンクは家にあるモノ等で済ませたい。あとは、キャンペーン時にはかなりお得。

出前館の半額weekの第3弾に登場してました。

その時は、「【ポテトセット】テリヤキバーガー¥1,160(税込) ¥580(税込)」にて、販売。お得でしたね。

バーガーキング

家の近くにお店が無くて、3駅先位の4.3km先の自転車で20分の所から届けてもらいました。流石に、時間が経過してしまっていたので、ホットドックは、パン、ソーセージが固くなっていました。ワッパーもしぼんでいた感じです。只、味は変わらず、アメリカンな味を楽しめました。レンジアップしてみたのですが、バンズがシワシワになっちゃうしトマトとかも温まってしまうので、少し違うと感じました。

デリバリー限定メニューも豊富にあり、近所にあれば、楽しみ方が又大幅に違うと思います。
メニューの詳細は↓コチラより見てみて下さい。

以上が比較纏めとなります。

これらの大手チェーン店以外にも地域に根差して展開しているブランドも有りますし、ゴーストで展開しているお店も豊富にあります。更には、チェーン店以外でも地元グルメバーガーみたいなところも要チェックですし、デリバリーだけでハンバーガーを売っているお店も有ったりします。凄い美味しい所が眠っている可能性ありますので、とにかくデリバリーサービスを使って試してみて下さい。

比較

-ハンバーガーのデリバリーに関して