フードデリバリーについて

ゴーストレストランのブランドに関して3カテゴリーに纏めてみた

ゴーストレストランって、最近聞く様になったけどあまり良くない噂聞くし、自分が注文したお店で、粗悪な商品が届いたらどうしよう、、、

こんな問題点を解決する為、代表的なゴーストレストランを紹介していきます。
ブランドを知っていれば回避し易いですし、ゴーストレストランを知った上で注文するなら覚悟持って注文出来ますので「騙された~。」と思う気持ちが少なくなると思います。
出前館ゴット会員で10年以上飲食に携わる仕事をしている私が紹介します。

ゴーストレストランに関する問題点

念の為。そもそもゴーストレストランとは・・・一つの厨房で、複数のお店(ブランド)をデリバリーサイトに出店(掲載)して、様々な業態を展開する近年現れた新しいビジネスモデルになります。劣悪な厨房環境(料理人のキャパオーバーや汚い)が配達員によって拡散され出し、更に「専門店」と謳って集客するなど詐欺まがいな事をして、悪いイメージが定着してしまっています。。。

ゴーストレストランの説明動画

2020年11月に「デリバリーサイトに掲載されている写真と実際に届いた商品が乖離しているという内容twitter投稿」がバズっていました。
この様な投稿から、ゴーストレストランのイメージが下がっていってます。

ゴーストレストラン見分け方

では、ゴーストレストランってどうやって見分けるのかと言うと、フードデリバリーサイトで「お店の住所」を検索して、以下の点を確認する方法です。
①同じ住所で複数のお店が存在しているかどうか。
②Google mapのストリートビューで見た時に、お店の看板が違うかどうか。
③住宅街の中にあるかどうか。
聞いたことないお店で「注文してみたい!」と思ったら、是非調べてみてください。

ここから、本題に入っていきます。

ブランドを全て書き連ねると、とんでも無く長くなってしまうので、それぞれのホームページの情報を元に纏めていきます。

ゴーストレストラン【居酒屋系】ブランド一覧

他にも大庄グループ(大きく打ち出しているのはMAX鈴木の背脂飯店だけ)など大手チェーン店もやっていそうですが、大々的に外にPRしている物が無く判断が難しかったです。
※独自リサーチで住所を探って実際の店舗から見ると、ゴーストを展開していると判断しています。

このタイプのお店が一気にゴーストレストランを展開した為、粗悪品のイメージが強まったと私は思っています。

居酒屋系のゴーストレストランの2020年~2022年にかけての状況

只、伝えておきたい事が、コチラの記事にあるバズった投稿が2020年の投稿だと言う事。
ゴーストレストランのイメージ改善が追付いていないですが、2022年時点では、品質が大幅に改善されていると私は感じています。

高速PDCAが回されて改善されています。(Pete LinforthによるPixabayからの画像)

2020年は初めての緊急事態宣言で飲食店もフードデリバリーサービスも対応が出来ていなかった

2020年は緊急事態宣言が初めて発令されて、コロナ禍で外出自粛がどピークの時。自粛警察なる外出を取り締まる人々なんかが居て、外で飲食していたら知らない人に注意される時代であり、飲食店も"急に"ピンチに立たされた時代です。

小規模な個人店なら、協力金で逆に儲けていたかもしれませんが、大手飲食チェーンなどの利益を出していた企業は協力金では足らずに、苦戦していた時代でした。

只、コンプライアンス的にグローバルダイニングみたいに強行突破して時短要請を無視するわけにもいかないので、時短要請を守って売上が激減してしまい、苦肉の策で"急に"デリバリーに大幅に舵を振ったという時代

だから、大量のゴーストレストランブランドを突貫工事で作り上げて出店し、
更には、フードデリバリーサービス側もこの様なゴーストレストランが一気に展開する事が初めての経験だったため、ルール整備が出来ていなかったと思います。
その為、色々な所で「写真と違う!」なんて事が起きてしまったのだと私は考えています。

しかし、ゴーストレストランを展開している店舗って、大手企業が多いので、この一連の悪い流れで、ゴーストレストランが「逆にマイナスになってしまっているのでは...」と感じているからこそ、この1年程度で大幅に改善されていると私は感じています。

だから、明らかな粗悪品が届くという事は無くなっていると思います。

実際に居酒屋系のゴーストレストランを注文してみました。

実際に、怪しそうなお店(大変失礼...)を注文してみました。

居酒屋で10連続!!!でブランドを展開しているので、粗悪品が届くだろうと予測して、「写真と全く違うやないかい!」の流れで記事を書こうと思っていたのですが、意外にイメージ通りの美味しい物が届きました。(笑

居酒屋ゴーストレストランのカツ丼

オメメスの居酒屋系ゴーストレストランの使い方

私が注文したお店は、美味しいけどコスパが良いという感じでは無かったです。
今回、1,500円くらいの商品を注文して送料込みで1,800円くらいになったので、かつ丼であれば「かつや」の方が圧倒的にコスパが良いと感じました。

だからと言って、味を極めて勝負するというモノでも無いです。
ラーメンで言えば、私の好きな「町田商店」には、仕込みなどの力のかけ具合が違うから勝てないです。

だけど、「マズい!!」とか「騙された。。。」なんていう感覚には全くならないので、自分が注文したいエリアに競合他社が無い状態であれば、是非頼みたいですしリピートしたいと思う味でした。
実際には私の家の周りにグルメバーガーが無いので、ゴーストレストランのグルメバーガーを注文しています。

スキー場やゴルフ場でのの食事やみたいな感覚を味わった事ないでしょうか?何もない状態だとそこがメチャメチャありがたいという状態。
居酒屋とかカラオケとかが展開するゴーストレストランは、そういう位置づけで考えて注文した方が良くて、圧倒的ブルーオーシャンであれば頼りたいという持論に辿り着きました。

砂漠にあるドリンクの様に、競合がない中であれば活用したい(cloudlynxによるPixabayからの画像)

未だ残る居酒屋系ゴーストレストラン問題点

  • 専門店では無いのに「専門」と名乗っている。そこは誇大広告だし、本当に専門店でやっている所もあるので、その手法は止めて欲しいと思います。
  • コスパが良くない。。専門でチェーン展開しているお店よりは、スケールメリットが出せずに仕入れ価格も抑えられづらいのかもしれないです。。

「こんなお店あったっけ?」と思ったら、サラっと住所を見て、店構えを確認した方が良いです。
写真の撮り方が上手くてサイト上はかなり美味しく見えるので、調べて知った上で注文した方が良いですね。

ゴーストレストラン【老舗ブランド】一覧

実はゴーストレストランって、昔からやっている所はあったのですよね。株式会社デリズは、2004年設立しているので、18年以上やっています。
昔は、配達を委託するサービスが無かったので、お店のスタッフが全て配達していました。完全にデリバリーに特化しているので、お店の場所も駅近くとか、商業施設にあるとかで無く、家賃の安い郊外にあります。

近年、有名飲食ブランドとコラボしている点が、大きく他のゴーストレストランと異なる点です。
有名飲食店とのコラボを可能にしているという事については安心感を持ちませんか?

↓ここから主な企業を紹介していきます。

株式会社SBIC

かさねや」ブランドを主軸として、約50ブランドを北海道、関東、関西、九州と全国幅広く展開している様子です。
玄品ふぐ」や「ふらんす亭」、「100時間カレー」、「麺屋こころ」、「ぶっかけうどんふるいち」などの有名ブランドもやっている様子です。

ホームページに展開ブランドが載っていなかったのですが、デリバリーサイトから「かさねや」ブランドの住所を確認して、取り扱いブランドを独自調査しました。

オリジナルブランドもオススメ!!

私は、オリジナルブランドの韓国カルビ丼とスンドゥブ 洞山宮島家をかなり好きで、よくリピートしてます。

唐揚げがかなりジューシーです。

価格は若干高めだけど、ボリュームもあるし美味しいので、納得いく商品です。
何なら唐揚げはここのモノが一番好きです。モモ肉で脂コッテリのジューシー唐揚げです。

有名ブランドも手掛けていますし、オリジナルブランドも美味しいので、私は信頼感ある企業さんです。

株式会社TGAL

太陽のトマト麺」、「キムカツ」などの有名飲食ブランドを含む約30ブランド展開している企業さん(ココからブランド一覧が確認出来ます)。日本全国には勿論の事、シンガポールにもお店があります。

代表的なブランドは、グルメバーガーのお店で「バーガーズカフェグリル フクヨシ」です。

私の家の近所にグルメバーガーのお店が無いので、良く注文しています。
野菜がたっぷり入っていて、特にトマトにボリュームがあって旨味と甘みが凄く良い味出しています。パティもお肉の塊がゴロゴロ入っているし、バンズも柔らかくて最高です!

バーガーズカフェグリルフクヨシの商品


これら二つのゴーストレストランのブランドは、私も良く使っていますが、値段勝負で無く、品質、ボリュームで勝負しているので、大手チェーン店にも負けず劣らずなブランド力があります。


株式会社デリズ

ここから全ての情報が見れます。
北海道、東北、関東、中部、関西、九州と幅広く展開しています。
「たいめいけん」などの有名シェフ監修ブランドがあったり、「もうやんカレー」、「キムカツ」、「ポムの樹」などの有名ブランドもあったり、オリジナルブランドも複数あり、70ブランド程展開しています。私の注文先では注文できるお店が無いので、試した事ないので、色々評判を見てみました。

かなり酷評もあるし評判がイイものもありそうです。(参考サイト)です。
有名シェフ監修も微妙なモノがある様です。。ブランド数がかなり多いのでガチャ感がありそうですので、レビューを見て慎重に注文してください。

ゴーストレストラン【新興企業】

居酒屋系では無くて、老舗ブランドの様に、デリバリー専用で展開しているブランドも近年多く出てきていますので、一部を紹介させていただきます。

ゴーストキッチンズ:「すーぷのあるせいかつ」、「さらだのあるせいかつ」etc ホームページを見る限りかなりオシャレですよね。汚いイメージがあるゴーストレストランのイメージを一掃してくれますね。
株式会社UNITED DINING:名古屋から関西を中心に展開している企業さんですね。24ブランド程オリジナルで展開している様です。
株式会社SFO:大阪に展開している企業さんの様です。「すた丼」のゴーストを展開しているのかな。住所を見るとそんな感じです。
株式会社リズラン:「バーガーガブリ」というオリジナルブランドを中心に東京で展開されていますね。2013年と古くからやっている様ですが、全国へ規模拡大する様な事はしていない様です。

この辺りは、私も未だ手を出したことが無いので、未知数ですが、評判もかなり良い物が多いので、
先駆者たちを良い様にお手本にして、作り上げている感じはあります。

以上、
これらを参考に良いデリバリーライフをお楽しみください。

-フードデリバリーについて